【収入保険】私の選択・加入者の声


北海道・東北
北海道

「病気やけがによる収入減少も補償
 年内につなぎ融資を受け助かりました」
【北海道士別市 遠藤 英俊さん】

(農業共済新聞2021年12月1週号(北海道版)より抜すい)


「市場価格の低下、減収など
 さまざまなリスクに対応できる」
【北海道池田町 (株)十勝美濃農場
 代表 美濃 志拓さん(36)】

(農業共済新聞2021年11月1週号より抜すい)


「さまざまな減収を補償してくれることに魅力」
【北海道北見市 原谷 義成さん(45)】

(農業共済新聞[北海道版]2020年11月1週号より抜すい)


「採種や価格低下などが補償されることに魅力」
【北海道由仁町 中嶋 洋美さん(49歳)】

(農業共済新聞[北海道版]2020年9月1週号より抜すい)


「野菜の市場価格の低下による収入減の支えに」
【北海道大樹町 伊藤 幸一さん(39)】

(農業共済新聞[北海道版]2020年4月1週号より抜すい)


「市場価格の変動リスクに備えて」
【北海道芽室町 黒田 栄継さん(43)】

(農業共済新聞[北海道版]2019年11月1週号より)


「被災経験が決め手の一つ」
【北海道蘭越町
 高張 直樹さん(40)、妻 みゆきさん(33)】

(農業共済新聞[北海道版]2019年7月1週号より抜すい)


「自分の目指す経営にマッチ」
【北海道岩見沢市 (有)濱本農場
 代表 濱本 壮男さん(42)】

(農業共済新聞[北海道版]2019年7月1週号より抜すい)


「私は収入保険に決めました」
 【北海道仁木町 勝浦 弘志さん】

(北海道NOSAI会報「NOSAI」2018年10月号より抜すい)


青森

「大雨により河川が氾濫 作物が冠水」
【青森県東北町 鶴ケ崎 勝也さん】

(NOSAI青森広報誌「NOSAI青森」2022年7月号より要約)


「米価下落の影響による収入減の支えに」
【青森県中泊町中里 松坂 龍美さん(59歳)】

(NOSAI青森職員によるインタビューより)


「りんごの価格低下などさまざまな減収
を補償してくれることに魅力」
【青森県板柳町 永田 洋亮さん(42)】

(NOSAI青森広報紙「NOSAI AOMORI」2021年1月号より)


「野菜の収量減と価格低下で補てん」
【青森県つがる市 鳴海 晋さん(57)】

(NOSAI青森広報紙「NOSAI AOMORI」2020年7月号より)


「興味を持ったら一度相談を」
【青森県中泊町薄市 株式会社秋元
 代表 秋元 正和さん(41)】

(NOSAI青森広報紙「NOSAI AOMORI」2019年11月号より抜すい)


「NOSAIが窓口で心強い」
 【青森県十和田市 小川 正孝さん(62)】

(農業共済新聞[青森県版] 2018年11月2週号より抜すい)


「病気や災害の備えに」
 【青森県つがる市 三橋 弘さん(61)】

(農業共済新聞[青森県版] 2018年11月2週号より)


「家族守るために選択」
 【青森県弘前市 川村 公夫さん(56)】

(農業共済新聞[青森県版] 2018年11月2週号より)


岩手

「米価下落への対応も」
【岩手県奥州市 菊池 克則さん】

(農業共済新聞(岩手版)2022年9月7日より要約)


「大規模なひょう害。収入が半分に」
【岩手県一関市 小山 武さん】

(農業共済新聞(岩手版)2022年9月7日より要約)


「ミツバチ経営の支えになる」
【岩手県軽米町 小森 満さん】

(農業共済新聞(岩手版)2022年9月7日より要約)


収量減少と価格低下による収入減少を補償
「収入保険で農業経営が救われました」
【岩手県普代村 中居 昭彦さん】

(農業共済新聞(岩手版)2021年9月2週号より要約)


「11年間で初めての被害
 つなぎ融資で雇用が継続できた。」
【岩手県八幡平市 宮野 亜由美さん(39)】

(農業共済新聞2022年3月2日より抜すい)


「青色申告に基づいた
農業収入全体に対する補償に魅力」
【岩手県北上市 菊池 顕裕さん(61)】

(NOSAI岩手広報紙「結いの大地NOSAIいわて」2021年8月号より抜すい)


「生産者の病気やけがのリスクにも備える」
【岩手県一関市 佐藤 修司さん(56)】

(NOSAI岩手広報紙「結いの大地 NOSAいわて」2019年1月号より)


「収入を安定させ雇用を確保する」
【岩手県北上市 伊藤 敦さん(57)】

(NOSAI岩手広報紙「結いの大地 NOSAいわて」2019年1月号より)


「経営品目全体の補償が魅力的」
【岩手県遠野市 勘六縁
 代表 菊池 陽佑さん(35)】

(NOSAI岩手広報紙「結いの大地 NOSAIいわて」2020年1月号より)


「営農組合の構成員で加入しました」
【岩手県紫波町 十二神農業生産組合
 事務局 細川 高幹さん】

(NOSAI岩手広報紙「結いの大地 NOSAIいわて」2020年1月号より)


「つなぎ融資で来年の資材費を確保」
【岩手県軽米町 菅原 敏見さん(59)】

(NOSAI岩手の担当職員によるインタビューより)


「野菜の補償が必要」
【岩手県金ケ崎町 よこみちファーム株式会社
 代表取締役 小原 伸一さん(64)】

( NOSAI岩手広報紙「結いの大地NOSAIいわて」2019年1月号より)


「品質低下の収入減も補償」
 【岩手県一関市 小野 正一さん(68)】

(農業共済新聞 2019年事業推進特集号より)


宮城

[NEW]

「収入に見合った補償に安心感」
【宮城県登米市 芳賀 秀二さん】

(農業共済新聞(宮城版)2022年10月5日より要約)


「つなぎ融資で危機を乗り越えることができた」
【宮城県栗原市 鈴木 善典さん】

(NOSAI宮城広報紙「和み」2022年9月号より要約)


「収入減少の不安を解消」
【宮城県大崎市 渡邊 正彦さん】

(NOSAI宮城広報紙「和み」2022年9月号より要約)


「充実した補償の範囲に魅力」
【宮城県亘理町 遠藤 正志さん】

(NOSAI宮城広報紙「和み」2022年9月号より要約)


「青色申告にもメリット」
【宮城県美里町 仁木 弘恵さん、正宏さん】

(農業共済新聞2022年7月6日より要約)


「米価下落で打撃もつなぎ融資を活用。
 経営継続の一助に」
【宮城県栗原市 (株)石川アグリ
代表 石川 和彦さん(60)】

(農業共済新聞2022年2月2日より抜すい)


「加入する制度を一本化して簡潔に」
【宮城県大崎市 矢走 恵美子さん(45)】

(農業共済新聞[宮城県版]2019年8月1週号より抜すい)


「けが、病気のときも補償がある安心感」
 【宮城県東松島市 齋藤 英彦さん(56)】

(農業共済新聞[宮城県版] 2019年6月2週号より)


「海外への輸出時の為替変動にも安心」
 【宮城県大和町 赤間農業開発㈱代表取締役
  赤間 良一さん(60)】

(農業共済新聞[宮城県版] 2019年6月2週号より抜すい)


「台風で倒木被害 収量減に備えたい」
 【宮城県亘理町 永谷 和彦さん(67)】

(農業共済新聞[宮城県版] 2019年6月2週号より)


秋田

「被害をうけた経験から」
【秋田県横手市 丹 貴史さん】

(NOSAI秋田広報紙「NOSAI」2022年9月号より要約)


「恐れずに挑戦できる」
【秋田県大仙市 農事組合法人はちまんの里
 代表 鈴木 正雄さん】

(NOSAI秋田広報紙「NOSAI」2022年9月号より要約)


「個人の収入に基づく収入保険は頼りになる」
【秋田県大仙市 太田 淳さん】

(NOSAI秋田広報紙「NOSAI」2021年11月号より要約)


「ハウス全てで被害 補償の厚さに助けられました」
【秋田県小坂町 目時 勝則さん】

(NOSAI秋田広報誌「NOSAI」2022年7月号より要約)


「米価が下落 つなぎの運転資金として」
【秋田県大仙市 SATORUファーム
代表 伊藤 悟さん】

(農業共済新聞2022年6月22日(秋田版)より抜すい)


「ナシの降霜・降ひょう被害
 つなぎ融資で助かりました」
【秋田県男鹿市 鈴木 慶美さん(63)】

(NOSAI秋田広報誌NOSAI2022年3月号より抜すい)


「出荷前のネギに病虫害 つなぎ融資で助かりました」
【秋田県三種町 相沢 誠紀さん(48)】

(NOSAI秋田広報誌NOSAI2022年3月号より抜すい)


「大雪でハウス倒壊 露地作物の降ひょう被害」
【秋田県横手市 柴田 敏一さん(73)】

(NOSAI秋田広報誌NOSAI2022年3月号より抜すい)


「価格下落、天候不順 不可避なリスクも対象で安心」
【秋田県三種町 金子 誠さん(57)】

(農業共済新聞(秋田版)2022年6月15日より抜すい)


「米価下落で予想外の打撃
つなぎ融資が経営継続の一助に」
【秋田県由利本荘市 伊藤 孝弘さん(46)】

(農業共済新聞2022年2月9日(秋田版)より抜すい)


「価格下落や高温などによる収入減の支えに」
【秋田県由利本荘市 農事組合法人 平根ファーム
 理事 黒木 重徳さん(69)】

(NOSAI秋田広報紙「NOSAI」2022年1月号より抜すい)


「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う比内
地鶏の取引減少による収入減の支えに」
【秋田県大館市 株式会社彩景農場 代表取締役
虻川憲一さん(47歳)】

(農業共済新聞[秋田県版]2021年6月2週号より抜すい)


「作物ごとに別々の事務手続きを行う
必要がないことに魅力」
【秋田県美郷町 佐藤 久 さん(57歳)】

(NOSAI秋田広報紙「NOSAI」2021年5月号より)


「補償割合とつなぎ融資に魅力」
【秋田県大仙市 伊藤 悟 さん(67歳)】

(NOSAI秋田広報紙「NOSAI」2021年1月号より)


「干害によるエダマメの被害を補てん」
【秋田県大館市 株式会社ファーム畠山
 代表取締役 畠山 博実さん】

(NOSAI秋田広報紙「NOSAI」2020年9月号より抜すい)


「りんどうの品質低下による収入減の支えに」
【秋田県由利本荘市 村上 幸喜さん(50)】

(NOSAI秋田広報紙「NOSAI」2020年9月号より抜すい)


「災害に直面し収入保険の良さを再認識」
【秋田県東成瀬村 佐々木 省吾さん(71)】

(農業共済新聞[秋田県版]2020年5月1週号より抜すい)


「掛金も内容も魅力」
【秋田県由利本荘市 農事組合法人田高
 代表理事 斎藤 善行さん(69)】

(農業共済新聞[秋田県版]2019年7月2週号より)


「野菜分野の業務拡大へ」
 【秋田県大仙市 農事組合法人たねっこ代表
  工藤 修さん(67)】

(農業共済新聞 2019年5月2週号より抜すい)


山形

「凍霜害など予期しない災害による収入減の支えに」
【山形県天童市 関 政孝さん(38歳)】

(農業共済新聞2021年11月3週号より抜すい)


「幅広い品目が対象で、トータルで経
営を補償してもらえる点に魅力」
【山形県白鷹町 横山 聡さん(38)】

(農業共済新聞[山形県版]2021年3月1週号より抜すい)


「最大の魅力は個人ごとの収入の補償」
【山形県大蔵村 国分 明さん(81)】

(NOSAI山形広報紙「NOSAIやまがた」2019年9月号より抜すい)


「樹体共済とセット加入がオススメ」
【山形県天童市 大山 修一郎さん(66)】

(NOSAI山形広報紙「NOSAIやまがた」2019年9月号より抜すい)


「啓翁桜や枝豆も対象」
【山形県白鷹町 サンファームしらたか
 代表理事 樋口 太一さん(62)】

(NOSAI山形広報紙「NOSAIやまがた」2019年9月号より抜すい)


「保険料は収入安定のための必要経費」
【山形県高畠町 瀧澤 明大さん(40)】

(NOSAI山形広報紙「NOSAIやまがた」2019年9月号より)


「自分の収入を基準に」
【山形県鶴岡市 佐藤 吉紀さん(67)】

(NOSAI山形広報紙「NOSAIやまがた」2019年9月号より)


「原木シイタケにはなかった保険」
【山形県三川町 石栗 聡さん(37)】

(NOSAI山形広報紙「NOSAIやまがた」2019年9月号より)


「挑戦する農家への後押しに期待」
 【山形県大江町 清野 哲生さん(57)】

(「NOSAIやまがた」 2019年3月号より)


福島

「2年連続で霜の被害が」
【福島県須賀川市 渡辺果樹園
 渡辺 喜則さん、佳子さん】

(NOSAI福島広報紙「ひかり」2022年7月号より要約)


「収量をあげる経営努力を」
【福島県田村市 石井 定光さん】

(NOSAI福島広報誌「ひかり」2021年11月号より要約)


「米価の下落やイノシシによる被害」
【福島県塙町 下重 繁男さん】

(NOSAI福島広報紙「ひかり」2022年4月号より要約)


「モモのせん孔細菌病
 つなぎ融資はわかりやすい制度」
【福島県桑折町上郡 大槻 栄之さん、典子さん】

(NOSAI福島ホームページより抜すい)


「災害が毎年のように発生 家族を守るためにも。」
【福島県伊達市梁川町 須田 直樹さん】

(NOSAI福島ホームページより抜すい)


「カバーの範囲広く安心感」
【福島県福島市 まるせい果樹園
 代表 佐藤 清一さん(49)】

(農業共済新聞2019年6月4週号より抜すい)


「露地キュウリの不安をカバー」
 【福島県二本松市 斎藤 正紀さん(64)】

(農業共済新聞[福島県版] 2019年1月1週号より)